1,423 view 婚活

お見合い結婚で幸せになれる?メリット・デメリットや失敗しないコツとは

  • Pairsをフォロー

結婚へ向けた男女の出会いの機会として、日本で古来より行われてきた「お見合い」。婚活イベントの活性化と共に改めてその価値が見直されるようになっています。恋愛結婚が主流となっている現代では「堅苦しい」と思われがちでしたが、その特徴やメリットを知ることで婚活の1つの手段として受け入れられるのではないでしょうか。

そもそもお見合いってどんなもの?

marriage-918864_1920

2000年代後半から様々なイベントが開催されるようになり、今では少子化対策などを背景に地方自治体や企業などの支援も得て活発化している「婚活」。結婚したいけれど、あまり出会いの機会がないという人にとっては絶好のチャンスで、長いブームが続いています。しかし実は日本には「お見合い」という制度があり、昔から恋愛結婚以外にもパートナーを見つける手段がありました。婚活の先駆けともいえるお見合いとは一体どのようなものなのでしょうか。

お見合いとは

『大辞林 第三版』には、見合いとは「結婚相手として適当かどうかを互いに判断するために、男女が人を介して面会すること」とあります。当事者以外の第三者を介し、一般には出会いだけでなくその先の交際、婚約に至るまでの一連の行為に関して仲介人を通して進行していきます。仲介人は親類縁者や知人・友人など普段から当事者に関わりのある人が選ばれることが通例でしたが、近年では結婚相談所などプロに頼ることも増えています。

お見合いしているのはどんな人?どれくらいいる?

一概には言えませんが、お見合い参加者は何らかの原因で今まで良縁に恵まれなかった、という人が多いようです。例えば職場に異性がおらず恋人を見つけるのが難しい、あるいは仕事が忙しすぎてお付き合いが難しいといったようなパターンです。出会いには少なからず運や縁といった側面がありますから、未婚だからといって魅力がない、というわけではないようです。昔ながらといえども出会いの手段としての支持は厚く、ネットを覗いてみると様々な嬉しい経験談が語られています。

お見合い結婚って実際どうなの?

実際にお見合いで結婚している人がいる、とわかっても周りにはお見合い結婚したという友人がいない…となるとなかなかやってみようとは思いにくいかもしれないですね。そこで、そんな不安を解消するためにもお見合いについて知っておきましょう。

お見合いは結婚に適してる?

恋愛結婚が主流になっている現在ではお見合いという制度を堅苦しく感じ、積極的になりにくいという人もいることでしょう。しかし初めから「結婚」というゴールを見据えているため、その点では互いの認識がズレにくく同じ方向を向いていけます。

お見合いで結婚している人の割合はどれくらい?

国立社会保障・人口問題研究所のデータによると、1950年にはお見合いによる結婚が5割強、恋愛結婚が3割強という数字になっています。時代を経ることに徐々にその差異がなくなり、1960年代には恋愛結婚の数が上回り、現在では恋愛結婚が約9割、お見合い結婚は1割を切る数字になっています。しかし数字が小さくなったとはいえデータに数字が反映されてくるということはお見合いによって結婚にまで至るカップルは一定数以上いるということです。

お見合い結婚の離婚率はどれくらい?

現在、日本の離婚率は約3割に達しており、カップルの3~4組に1組は離婚をしているという状況です。その状況の中で恋愛結婚と比較して、一般にお見合い結婚の方が恋愛結婚と比べて離婚率が低いと言われています。実際に恋愛結婚の離婚率は40%、お見合い結婚の離婚率は10%という数字も出ているほどです。情熱的に燃え上がる恋愛結婚とは違って冷静に相手を見極めることができる分、「こんなはずじゃなかった…」ということが少ないのかもしれませんね。

お見合いから結婚までの交際期間ってどれくらい?

「結婚したい!」と思って動き始めてみても、ゴールが見えてこないと不安になることもありますよね。「いつまで続くのか…」と疲弊しないためにもその大体のステップを知っておきましょう。

結婚までの期間【恋愛結婚の場合】

恋愛結婚の場合、結婚までの道筋は実に様々です。出会って3ヶ月で電撃婚というカップルもいれば、10年間愛を育み続ける…というカップルもいてどのような過程を経て結婚まで至るのかは一概には言えません。そのため、「私は結婚したいけど、カレはその気があるのかしら…?」と不安になってしまう人も中にはいることでしょう。

結婚までの期間【お見合いの場合】

お見合いは互いに結婚の意思を固めた上で会うので成婚までトントン拍子に進むことが多く、早ければ1~2ヶ月でプロポーズということも珍しくありません。生涯にかかわることだから、と慎重に見極め期間を長くとった場合にも1年以内にゴールインというケースが多いようです。

お見合い結婚のメリット

恋愛結婚とお見合い結婚、それぞれ特徴があり人によってはどちらかの方が合っている、というのもあるかもしれません。お見合いというとあまり親しみがないのでつい身構えてしまいがちですが、お見合いにはお見合いならではのメリットもあります。

無限の可能性!?

お見合いは基本1対1で行うため、一見すると選択肢が他にないように感じてしまいます。しかしどうにも合わないな、と思えば「お見合いだから」と割り切り、丁重にお断りしてまた次のお見合いをすればよいだけですので、実は多くの選択肢が隠されていると言えるでしょう。「この人こそ」と思って始める恋愛関係ではダメなら次!と割り切ることはなかなか難しいのではないでしょうか。

恋の駆け引きが不要

結婚前提で話が進んでいくため、面倒な恋愛の駆け引きをしなくて済むというのもメリットの1つです。「その駆け引きが楽しい」という人もいるでしょうが、恋愛経験が少ない人やコミュニケーション下手な人にとってはかなりハードルの高いプロセスです。そこを飛ばせるのならだいぶ気が楽になりますよね。

お見合い結婚のデメリット

物事には様々な側面がありますから、メリットがあれば当然デメリットもあります。良い面ばかりに目を向けていては後々困った事態に陥ってしまうこともあるかもしれませんので、お見合い結婚の意外な落とし穴をチェックしましょう。

周囲に流されてしまう

知り合いに仲介人を頼んだ場合、「良い人なのだから決めちゃいなよ」などと周りが急かしてくることがあります。あるいは「骨を折ってもらったのに断るのは申し訳ない…」などNOと言えない雰囲気になってしまい、自分の気持ちを置き去りにしたまま縁談が進んでしまうことも…。協力してもらったとはいえ、実際にパートナーと生涯を共にするのは自分自身なのですから、落ち着いて判断することが重要です。

確認不足…?!

出会い~結婚までが早いため、「実は○○だった」という意外な一面を結婚してから発見することもあります。恋愛結婚ならば結婚前に長く付き合っていく中で互いのことを知るチャンスは沢山ありますが、お見合いとなると何回かのデートの中で相手のことを知らなければなりません。自分の知りたいことは事前にしっかりと考えた上で相手と接し、時にはズバリと聞いてみることも必要でしょう。

結局お見合い結婚は幸せになれる?

どんな方法であっても、パートナーを見つけ幸せな人生を送ることができるのなら「結果オーライ」となることでしょう。恋愛でもお見合いでもその後がどうなるかはその人次第です。お見合いで成功する人とそうでない人の違いは何なのでしょうか。

お見合い結婚で幸せになる成功ケース

結婚相手を探すためにお見合いをしたからといって、すぐに運命の相手と出会えるとは限りません。お見合いは婚活パーティーと違って一度に複数人と、というわけではありませんからなかなかピンと来る人に出会えないということもありえます。断りづらいと感じるかもしれませんが、その気もないのに期待させては相手にも迷惑ですから、しっかりと自分の気持ちを伝えるべきでしょう。相手が見つかればトントン拍子に進みますから、「この人こそ!」という人を辛抱強く待つことが幸せへの近道かもしれません。

お見合い結婚で後悔する失敗ケース

しかし、だからといっていろいろと条件を並べすぎるのも考えものです。仮に理想の相手と巡り合い結婚できたとしても、パートナーが一生涯変化しないとは限りません。条件だけで相手を決めてしまったら、もしそれが崩れたときに「こんなはずじゃなかった!」となってしまいます。パートナーを選ぶ際にはフィーリングや相性といった“言葉では表せないもの”にも注目した方がベターでしょう。

お見合い結婚を成功させて幸せになるにはどうしたら良い?

現代は晩婚化が進み、恋愛に積極的でない若者が増えている中で改めて「お見合い」という制度が見直されています。しかしいざ始めてみるとなるとわからないことも多く不安ですよね。お見合い結婚を成功させるためには何が必要なのでしょうか?

お見合いはどうやって始めれば良いの?

一口に「お見合い」といってもその方法は様々で、人によって最適なやり方は違うでしょう。幸せを掴む第一歩として、自分に合った方法は何かを考えてみましょう。

知人に紹介してもらう

家族や友人、あるいは同僚など知人に紹介してもらうというのは一番シンプルで取り組みやすい方法ではないでしょうか。自分のことを知っている人に仲介してもらうため、「絶対合わないだろう」といった人を紹介されることは稀ですし、フォーマルな雰囲気が苦手だという人でもせっかく知人に頼んだのだから…と「やってみよう!」という気になるかもしれません。

結婚相談所にお願いする

知人に知られるのが恥ずかしい、という人は思い切って専門の機関に相談するのも1つの手段です。結婚相談所ならその道のプロがしっかりサポートしてくれますから、何から始めていいのかわからないというような人は安心できるかもしれません。入会金や紹介料などお金はかかりますが、その後の幸せな人生のための投資と思えば大打撃とはならないのではないでしょうか。

お見合いを成功させるためのポイント

初対面の人と今後の自分の人生を考えていく、と思うと「うまくいくのかな?」と心配になってしまいますよね。自分の不安を払拭させるためにも、万全の態勢でお見合いに臨めるようにしておきましょう。

結婚相談所の選び方のポイント

巷には数多くの結婚相談所があり、その中からどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。ある程度大手と言われるところが安心するとは思いますが、その中でも「強み(=専門性)」を打ち出しているところは的確なアドバイスをしてくれるところが多いです。「熟年専門」「エグゼクティブ専門」あるいは「オタク専門」など最近では様々にカテゴリー分けされた相談所がありますから、自分の属性に適した場所を選ぶことで成功の確率をグッと上げることができるでしょう。

お見合い写真のポイント

第一印象になるものですから、お見合い写真は非常に重要です。自分で撮った写真や証明写真機などで撮った写真と、お見合い写真専門のフォトスタジオで撮ったものとではパッと見た印象がまったく違います。専門のスタジオでは写真用のメイクをしてくれるところも多いので、プロの手に任せて素敵なプロフィール写真を撮りましょう。

お見合い後のメールのポイント

お見合い後、YES/NOどちらの場合でもしっかりとメールで意思表示をすることは重要です。断りのメールはすぐには入れにくいかもしれませんが、変に引き伸ばしては相手にとっても時間の無駄なので3日以内には伝えた方がいいでしょう。そして好意を示す際も、あまり長文にすると相手にプレッシャーを感じさせてしまいますから、簡潔に「また会いたい」という旨を伝え相手の返信を待ちましょう。

お見合い結婚を失敗させないためのポイント

どれだけ強力なツールを揃えても、結婚をするもしないも結局は自分次第です。チャンスを逃さないために、お見合い当日に気をつけるべきポイントをまとめてみました。

所作にも気をつけて

写真でお互いの顔はわかっているものの、身だしなみやマナーでも人の印象は変わります。いくら美人でも言葉遣いが悪かったり食事マナーが悪かったりすればイメージは下がりますよね。「人は見た目が9割」なんて言われますが、人間はどうしても目から入ってくる情報を優先して物事の判断をしますので、好印象を与えるためにも最低限のマナーは身につけておくべきでしょう。

求めすぎない

理想が高すぎるのも自分自身の選択肢を狭めてしまい、なかなか前進できない原因になります。相手に求めることがあるのは重要ですが、自分自身のことも省みれば100%完璧な人などいないということに気付けるはずです。「お互いさま」という気持ちを持ち、足りない部分は補い合う、そういうスタンスでいれば良縁は意外と早く訪れるかもしれません。

一歩踏み出してみる

一目見たとき、「あっ良い!」と思う感覚は大事ですが、ファーストインプレッションばかりに頼っていてはその人の本質を見逃してしまうかもしれません。2回、3回…と会う中で知ることも多いですから、第一印象だけで決めずに勇気を出して何度か会ってみてもいいでしょう。最初はわからなかった意外な魅力に気付くこともあるかもしれません。

ネットのお見合いサイト・サービスはどうなの?

スマホやタブレットの普及により誰でも気軽にインターネットを使えるようになり、それに伴いネットで出会いを求めることも可能になってきました。しかしネットというといわゆる“出会い系”でのトラブルなどネガティブなイメージもあり、興味はあっても手を出しにくいという人もいるかもしれません。インターネットでのお見合いについて、実際のところを調べてみました。

インターネットのお見合いのメリット

インターネットを使うことの一番のメリットは「自分の好きな時間に取り組める」という点です。ウェブ上でやりとりをするので直接どこかに足を運んだりする必要もなく、いつでもどこでもパートナー探しができるというのは忙しい現代人にとっては大きな魅力の1つと言えるのではないでしょうか。

インターネットのお見合いのデメリット

インターネットでの婚活の場合、顔が見えない分実際に会ったときにギャップを感じてしまうこともあるかもしれません。写真公開をするサイトも多いですが最近では素人でも簡単に写真加工が可能ですから、実物とちょっと違う…ということもありえます。イメージのギャップに驚いてしまうこともあるでしょうが、メッセージをやりとりする中で「会ってみよう!」と思ったのなら見た目だけで判断してしまうのはもったいないかもしれません。

Pairsとは

最近ではSNSと連動した婚活サービスも提供されており、「Pairs」もその1つです。Facebookと連動したサービスですが、Facebook上にはPairsでの活動は一切公開されませんし、サービスが不当に使われないよう24時間365日の監視体制が敷かれ安全性が保たれています。実際に相手を探す際には年齢や居住地など基本的な情報だけでなく、「カフェ好き」「旅行好き」などPairs上に作られた様々な趣味別のコミュニティから自分の属性に近い人が探せるのも特徴です。その健全なシステムが多くの支持を受け累計会員数は1920万人を突破、マッチング数は360万組にも上ります。

自分なりの、婚活方法を見つけよう

beautiful-909553_1920

昨今の婚活ブームで様々に趣向を凝らしたイベントが開催される中、昔ながらの「お見合い」にも注目が集まるようになっています。結婚の意思が固い男女の出会いの機会としてはこれ以上ない場ですが、メリットだけでなく当然デメリットもあります。またお見合いの中にもいろいろと方法はありますから、運命の相手に出会うためにもそれぞれをきちんと知り、自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか?

今一番読まれている記事

元彼を上回る人が出てこない...大丈夫、誰にも知られず彼氏が見つかるよ

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー
  • HOME
  • Pairsコラム
  • 婚活
  • お見合い結婚で幸せになれる?メリット・デメリットや失敗しないコツとは