2 view 婚活
結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?

結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?

  • Pairsをフォロー

ドラマなどでは、「結婚を前提に付き合う」という言葉を時折耳にします。結婚を控えているのであれば、この言葉が具体的にはどのような交際を指しているのかを知っておくことがポイントです。この記事では、結婚を前提とした付き合いをするときのポイントや注意点などについて解説していきます。

結婚を前提に付き合うってどういうこと?

結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?
結婚を前提として交際をするときには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まず、結婚を前提とした付き合いの場合は、将来設計を考えながら交際をする必要があります。たとえば、結婚生活をスタートさせるために貯金をするということも、将来設計には欠かせません。結婚をするときには、たくさんのお金が必要です。新居への引越しや結婚式・披露宴などにはお金がかかるため、交際期間中にも計画的に貯金をしておくと良いでしょう。また、将来的に子どもを持ちたいかどうかという点も、将来設計のひとつといえます。交際期間中、相手が子ども好きかどうかという点を見極めておくと、将来育児にも積極的に協力してくれる可能性が高いといえるでしょう。逆に、交際中に「子どもがいると、2人だけで過ごす時間が持てないから嫌だよね」などの言葉があれば、子育てにはあまり向いていないことが予想できます。

次に、結婚を前提とした付き合いをしているといっても、必ずしも結婚をしなければならないというわけではありません。「結婚をするための観察期間」と捉えて、相手のことをしっかりと見極めましょう。たとえば、お金の使い方などの価値観があまりにも違い過ぎると、ケンカのもととなる可能性が高いです。「ギャンブル好きか」「浪費癖があるか」など、ポイントを細かく絞って、相手がどのような価値観を持って行動しているかをチェックしてみましょう。

さらに、結婚準備のために同棲をしていると、「結婚を前提に交際している」という認識をお互いが持ちやすいといえます。なかには、「結婚資金を貯金しやすい」という理由で同棲している人もいるほどです。加えて、結婚準備のために同棲していると、相手の素の部分をかいまみることができるというメリットがあります。

最後に、結婚前提の付き合いを始めるときのマナーとして、「隠しごとをしない」ということが挙げられます。「借金がある」「家族が大きなトラブルを抱えている」などの問題は、結婚した後もずっと隠し通しておくことは難しいといえるでしょう。そのため、デリケートな問題と思われることでも隠したままにせずに、相手にきちんと伝えておくことが大切です。

結婚を前提にしたお付き合い!男性からの意見

結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?
将来的に「結婚したい」と思っている男性から「結婚を前提にお付き合いをしましょう」といわれたら、多くの女性がうれしいと感じるものです。結婚を前提にした交際に対する男性からの意見について、女性もしっかりと把握しておきましょう。まず、男性が「結婚を前提にしたお付き合い」というフレーズを口にするときは、結婚したい気持ちが芽生えている証拠といえます。特に、魅力的な女性とは双方に結婚の意思があることを確認して約束をしておかなければ、他の男性に奪われてしまうという最悪の事態を招いてしまう恐れさえあるでしょう。

次に、真剣な交際をしようとしている男性は、「遊びじゃない」という気持ちを示すために、結婚を前提とした交際を申し込む可能性があります。たとえば、交際期間が長過ぎるにもかかわらず、将来的な話をまったくしたことがないというカップルの場合は注意が必要です。女性としては「もうこの人と結婚をすることはないだろうな」と思ってしまうでしょう。結婚を前提に付き合おうと明言することで、女性に安心感を与えることができます。

さらに、結婚を決意した男性は、「お互いの家族と親交を持ちたい」と思うのが特徴です。男性の場合、真剣に付き合っている女性でなければ、自分の家族に紹介しようとは思いません。加えて、自分の家族に女性を紹介することで男性は自分の親や兄弟との相性もチェックしているといえるでしょう。

他には、「責任を持って付き合う」という意味合いから、結婚を前提とした付き合いを希望する男性は多い傾向です。結婚に対するイメージは、男女差があるといえるでしょう。女性のなかには、「結婚」というワードから、「結婚式」や「ウエディングドレス」などをイメージする人さえいます。一方、男性の場合「結婚」といえば、自分だけでなく相手の人生にも責任を持つことを意識する人も多い傾向です。責任感を持って交際しているという誠実さを示すためにも、「普通の付き合いではない」という意思表示をしたいと考える男性も多いといえます。

結婚を前提に付き合いたい女性とは

男性が結婚を前提に付き合いたいと思っている女性には、ある傾向が見られます。男性側から見た「結婚したい女性の理想像」について知っておきましょう。まず、「家庭的な女性」は、多くの男性から好まれる傾向です。たとえば、仕事から疲れて帰宅したときに、部屋がきれいに片付けられていたり、おいしい手料理が用意されていたりすることを理想とする男性はたくさんいます。特に、「毎日おいしい料理を食べたい」と思っている男性は多く、「料理が得意」という点は女性にとってアピールポイントになるでしょう。毎日おいしい料理を作って待っていてくれると、男性側も「早めに家に帰ろう」という気持ちにもなりやすいものです。

次に、「価値観が合うかどうか」という点は、男性にとっても非常に重要なポイントになります。たとえば、結婚生活では金銭感覚が近いかどうかはとても大切です。「愛があれば、お金なんてなくてもいい」という言葉はよく耳にしますが、結婚生活を続けていくうえでお金は必要になります。そのため、「ギャンブルをする」「浪費癖がある」「ブランド物が好き」などが当てはまる女性は、男性側からすると結婚相手としては考えにくいといえるでしょう。

さらに、包容力がある女性は男性としては魅力的と感じるでしょう。男性のなかには、結婚する女性に対して癒しを求めている人もいます。「話をしっかりと聞いてくれる」「どんなときでも自分を理解してくれる」「いつも味方でいてくれる」女性を、「結婚相手にふさわしい」と考える男性は多いでしょう。他には、「いつも笑顔で過ごしている女性」は結婚相手としては高ポイントです。付き合っているときから笑顔で過ごす時間が多いと、「結婚してからも楽しく過ごすことができそう」などと、結婚後の生活を男性側がイメージしやすくなります。いつも笑顔で過ごしている女性は、男性にとって癒しの要素が強いといえるのです。

結婚を前提に付き合ったけど別れてしまうケース

結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?
結婚を前提として付き合っていたとしても、必ずしもうまくいくとは限りません。結婚を前提とした交際の場合でも、別れてしまうケースはあります。結婚を前提とした付き合いをしていて別れてしまった人は34%程度ともいわれているため、決して珍しいことではありません。

また、別れてしまう理由は人それぞれでしょう。理由のひとつはマリッジブルーです。男女ともに、一度は「この人に決めた」と思って結婚を意識していても、いざとなるとプレッシャーを感じてしまったり、逃げ腰になってしまったりする場合もあります。加えて、一般的にマリッジブルーというと女性がなりやすいというイメージが持たれがちです。ただし、責任感が強過ぎる男性は、結婚することに対して大きなプレッシャーを感じてしまう恐れがあります。たとえば、「本当に幸せな家庭を築いていけるか」「自分の収入で家族を養っていけるか」など、あらゆることを考えていると、どんどん不安が募ってしまうものです。その結果としてマリッジブルーになり、別れを選んでしまうケースも多くあります。

次に、両親とうまくいかなかった場合も、別れにつながる可能性が高くなるでしょう。たとえば、本人同士は結婚の意思がある場合でも、両親や兄弟が結婚を反対しているという状況は意外とよくある傾向です。特に、自分と近しい関係にある両親から結婚を反対されてしまうと、気持ちが揺らいでしまう恐れがあるでしょう。また、相手の両親との価値観が違い過ぎるなどの理由から別れてしまうケースも少なくありません。

さらに、ある程度の性格や価値観の不一致を受け入れることができないと、結婚から遠ざかってしまいます。性格や価値観は、長年に渡って培われてきたものです。そのため、内容によっては面と向かって注意をしたり、否定をしたりすることが難しい場合があります。最初のうちは我慢ができていても、いざ結婚となると性格・価値観の違いは気になり、別れてしまうカップルはたくさんいるのです。

結婚を前提に付き合う時の注意点

結婚を前提に付き合う!どんな交際が求められるの?
結婚を前提に付き合うときには、いくつかの注意点を守ることが大切です。まず、「言葉に責任を持つ」ということは、最低限のマナーといえるでしょう。たとえば、男性のなかには「とりあえず付き合いたいから」という理由で、女性の前で簡単に「結婚」という言葉を口にする人がいます。また、「結婚」という言葉を使うと誠実なイメージをもたらすことが可能です。そのため、「結婚を前提に付き合おう」と提案することで女性を縛り、他の男性に乗り換えられないようにする男性もいます。このような場合、男性が真剣に結婚について考えているとは言い難いといえるでしょう。

次に、「結婚を前提に付き合う」と約束をした場合、一般的に3年以上待たせるのは長過ぎるといえます。結婚を前提とした交際は、双方の両親が公認しているケースも多いでしょう。なかには、同棲をスタートさせているカップルもいます。両親に紹介済みで、同棲までしているにもかかわらず、なかなか結婚しないようでは女性が「もう結婚しないかも」と不安になってしまっても仕方がありません。結婚を焦り過ぎるのも問題ですが、「結婚を前提とした交際は3年が限度」と決めておき、相手との相性を見極めることがポイントです。

また、結婚を前提に付き合うときには、同棲についても視野に入れると良いでしょう。ただ、結婚前の同棲には、メリットとデメリットがあります。同棲をしていると、普段のデートなどではかいまみることができないような相手の一面が見えてくるものです。たとえば、性格や経済観念など、その後の結婚生活にも大きな影響をおよぼす要素を、同棲期間中に確認することができます。また、同棲期間中には結婚資金を貯金しやすいという金銭面でのメリットもあるでしょう。逆に、同棲期間が長過ぎると「別にこのままでもいいか」と結婚への決心が鈍ってしまう恐れがあります。そのため、同棲をするときには同棲期間や金銭管理、家事分担などのルールについて、2人でしっかりと話し合って決めておくことが大切です。

真剣な相手を見付けたい!ペアーズに登録を

「結婚したいと思っているけど、なかなか良縁に恵まれない」と考えている人の場合には、運命の人と出会うこと自体が高いハードルとなっている可能性があります。また、結婚について真剣に考えているかどうかを見極めることは、非常に難しい問題といえるでしょう。

結婚を前提にお付き合いしたい人を探すのであれば、ペアーズに登録をするという選択肢もあります。インターネットでの出会いそのものを心配する人もたくさんいますが、ネット環境が整っている時代であるがゆえに、さまざまな出会い方があるのが実情です。また、仕事や趣味などの人間関係では出会うことができないような異性との出会いが実現できるという点も、多くの人がインターネットでの出会いを魅力と感じる理由のひとつといえるでしょう。

ペアーズに登録している人のなかには、結婚することを強く望んでいたり、結婚に対して真面目に考えたりしている人がたくさんいることが特徴です。そのため、ペアーズに登録していると良縁にも恵まれやすく、スムーズに結婚できる可能性が高いという点は魅力的でしょう。

また、一般的に長年付き合っているカップルの場合でも、相手に結婚を前提とした付き合いを申し込むと、「重過ぎる」などという理由で敬遠されてしまう可能性があります。しかし、ペアーズに登録している人の多くが結婚に対して真剣な気持ちを持っている傾向です。そのため、比較的早い段階で結婚を前提とした交際を申し込んだ場合でも、快諾される可能性が高いといえるでしょう。普段の生活のなかで出会いがないことに悩んでいるのであれば、ペアーズに登録してみましょう。そして、理想の相手に出会えたら、2人で協力して結婚を目指していくことが大切です。

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー