4 view 婚活
婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは

婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは

  • Pairsをフォロー

婚活を続けている人の中には、正直なかなか結果が伴わず「婚活が辛い!」と考えている人もいるでしょう。そもそも結婚する意味が本当にあるのか悩んでしまうこともあるかもしれません。今回は、結婚をする意味について真剣に考えていきます。

結婚する意味が分からない!男女の意見とは

婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは
婚活に必死になる人がいる一方で、「結婚する意味が分からない!」という人もいます。例えば、結婚についてのメリット、デメリットを挙げていったらデメリットの方が多くなってしまい、結婚の意味を見出せなくなってしまったということもあるでしょう。結婚する意味が分からないという人は、どのような意見を持っているのでしょうか。男女別に見ていきましょう。

男性の意見

結婚は単なる契約で意味がないという意見があります。これは、結婚=制度としてみている意見であることがうかがえます。確かに、結婚は婚姻届という紙切れ1枚があれば、制度的にはできてしまうことです。しかし、愛する人との生活や子どもを持つということは、結婚しなくてもできます。事実婚という形もありますし、誰かが定めた制度に縛られるのは嫌だという人もいるでしょう。他にも、1人の方が楽、結婚すると稼いだお金を自由に使えなくなるなどの意見があります。結婚=束縛されるというイメージが強いのかもしれませんね。身近にいる既婚者が苦労している様子を見ていると、このような意見が出てしまうというのにも納得できます。確かに、幸せな結婚生活を送っているモデルが近くにないと、結婚への憧れも抱きにくくなってしまいますよね。一方の女性側の意見も見ていきましょう。

女性の意見

「1人で稼いだ方が楽」「自分で稼ぐことができるので養ってもらう必要がない」という意見がありました。自分の稼ぎに自信のある人は、結婚して養ってもらうという考えとは無縁かもしれませんね。キャリア志向が強い人などは、結婚することで家事などに割く時間が増え、キャリアの道が閉ざされてしまうという不安もあるでしょう。また、子どもを持たないなら結婚の意味はあまりないという意見もありました。結婚後もフルタイムで仕事を続けたかったり、子どもがあまり好きでなかったりすると、このような意見の人は結婚に意味を見出しにくいでしょう。結婚=子どもを得るという考え方がいまだに根強いことがうかがえます。しかし、確かに結婚後子どもを持つ家庭が多いですが、はたして結婚とは子どもを持つことだけに意味があることなのでしょうか。

損得勘定だけで結婚の意味について見出せるとは限りませんが、このようにデメリットを強く感じてしまうと、なかなか結婚したいとは思い辛いのかもしれませんね。

結婚をする前に考えておきたい5つの疑問

婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは
やみくもに婚活をしている人は、一度結婚をする前に結婚することでどのような変化が起こるのか考えてみましょう。自分では「結婚すればどうにかなる!」と思っていることでも、よく考えると正しいことなのか分からなくなってくるということもあるかもしれませんよ。結婚をする前に考えておきたい5つの疑問を見ていきましょう。

結婚をすれば幸福になれるのか

究極的な疑問ですが、これは大切なことです。結婚したからといって、必ずしも幸せが保障されるわけではありません。例えば、結婚生活を開始したとたん相手の嫌なところが見えてしまったり、思い描いていた生活とは違ったりすることもあります。結婚とは、言ってしまえば婚姻届を出せば成立するものです。本当に大切なのは、結婚後パートナーとどういう人生を送っていくかということなのではないでしょうか。

周りに流されているだけではないのか

「職場で結婚していないのは自分だけだから」「周りの友人が皆結婚し出したから」など、周りに流されてなんとなく婚活しているという人もいるでしょう。しかし、自分の中に本当に結婚したいという気持ちがなければ、婚活していてもなかなか身が入らないものです。せっかく婚活をしていてもやる気がないのであれば、お金と時間の無駄になってしまいます。

親などの干渉から解放されるから結婚したいのか

「まだ結婚しないのか」「早く家を出て行って欲しい」など、親からの干渉がわずらわしく結婚することで解放されたいという人もいるでしょう。しかし、結婚したからといって干渉がやむとは限りません。結婚後には、「孫の顔が早くみたい」「自分たちの老後の面倒を見て欲しい」など、新たな干渉が始まる可能性もあります。そのため、親などの干渉が嫌だからという理由だけで結婚したいというのは考えものです。

子どもが得られるのか

結婚すれば子どもが得られると考えている人もいるでしょう。しかし、結婚したからといって、誰もがすんなりと子どもを得られるわけではありません。身体的な問題やパートナーの考え方によって、結婚しても子どもを得られない可能性もあります。もし、子どもができなかった時、あなたはそれでもパートナーと一緒に結婚生活を続けていくことができますか?結婚=子どもが得られると考えている人は、結婚前に考えておかねばならない事項です。

将来の不安がなくなるのか

老後1人になるのが嫌だったり貯金がなくて将来が心配だったりする人は、結婚することでこれらの不安が取り除かれると思っていませんか?確かに、結婚することで心理的な安心が得られることもあるでしょう。しかし、将来の不安すべてがなくなるかといったら、そんなことはありません。もしかしたら、結婚後すぐにパートナーが事故や病気で自分よりも先に亡くなってしまうということもあり得るのです。また、収入をどちらか一方に頼っている場合は、不測の事態が起きた時に対応が難しいでしょう。このように、将来への不安というのは、決して結婚したからといって完全になくなるわけではないのです。

結婚をすると人間的に成長ができる

昔は、男性は外で仕事をして、女性が家に入り家事を行うのが一般的でした。恋愛結婚ではなく、家族同士が結婚相手を決めるというのが当たり前だった時代もあります。そのような時代では、結婚は本人の意思というよりは生活のため、家族繁栄のためという意味合いが強かったでしょう。もちろん、今でも生活のためや家同士の事情で結婚する人もいます。しかし、現代ではより個人の意思が尊重される結婚が増えてきたといえるでしょう。そして、結婚は人間的に成長するためのものであるという新しい考え方をする人も出てきました。人間的な成長というと、困難を乗り越え何かを成し遂げたり、目標に向かって努力したりすることが思い浮かびやすいですよね。

では、結婚における人間的成長とはどのようなものなのでしょうか?例えば、他者と深い関係を築くことができるというのは、結婚ならではの人間的な成長です。なぜなら、赤の他人と今後の人生を共にしていくというのは、今までのような自分の思い通りの生活はできないことが多いからです。我慢することもあり、時には相手と衝突してしまうこともあるでしょう。それでもその中で折り合いを見つけ、相手に合わせお互いに歩み寄っていくというのは、人間的な成長の一助となり得ます。このような日常生活の中で細かい軌道修正を繰り返していくことは、より良い人生を目指すことにつながるでしょう。また、家族ができると自分1人だけの問題ではなくなることも増えてきます。例えば、パートナーや子どもが病気になったり事故にあったりすれば、自分にも逃げる選択肢がなくなります。

何らかの対処を考えなくてはなりませんし、それによって精神的に辛い状況になることもあるかもしれません。しかし、結婚するとこういったことも乗り越えていかなくてはならないのです。家族が増えることで、自分1人では抱えることのなかった問題へ対応していく回数も増えるでしょう。しかし、このような事態をひとつひとつ対応していくことで、人としての対処力は上がっていくものです。加えて、命は自分のものだけではないということを、強く意識するきっかけにもなります。特に、子どもができるとこういった思いを抱きやすくなるでしょう。このように、結婚は人間的な成長をするためのステップが、いくつも用意されているのです。

結婚の意味を理解できるのは結婚した後

婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは
結婚の意味について本当に深く理解できるのは、結婚した後です。結婚はライフスタイルの中で大きなイベントですので失敗のないよう、いろいろ考えてしまうことでしょう。さまざまな問題について考え頭で整理しながら婚活を行えば、マリッジブルーなども回避できます。しかし、考え過ぎて頭でっかちになるのもよくありません。いろいろ考えていたけれど、いざ結婚したら拍子抜けするほどあっさりしていたということもあります。結婚をすべきか悩んでいる人は、未来の自分を想像してみるのはどうでしょうか?

5年先、10年先の自分はどのような生活を送っていますか?「バリバリ仕事をしている」「友達に囲まれていて幸せそう」など幸せな自分の姿を思い浮かべることができたのなら、結婚をしなくても充実した人生を送れるでしょう。しかし、「1人で寂しそう」「あの時もっと真剣に相手を探していれば」と悔やむ自分が出てきたならば要注意です。また、充実した生活を送りつつも、「あの時婚活にもっと本腰を入れていたら違った未来だったかも」と感じるようであれば、こちらも結婚に向けての行動を起こすべきです。

結婚はいつでもできるものですが、やはり年齢が若い方が結婚しやすい状況であることは否めません。もしも婚活しなかったことを将来的に悔やむかもしれないと思うのであれば、結婚前に結婚の意味を見出すよりも、まずは行動に移すべきです。また、心というのは常に変化するものです。年齢が上がるにつれ、今までとは違う考えを持つこともあります。「自分は結婚したいのか?」という問いかけを、常に自分にしてみるのもよいでしょう。年齢が進み相手がどんどん減ってくるという状況になる前に、まずは一歩踏み出す勇気も大切だということを心に留めておきましょう。結婚に意味を見出すのは、結婚後でも遅くはないのですから。

結婚する意味は人によって違う

婚活が辛い時こそ考えたい!結婚する意味とは
結婚をする意味は人によって大きく異なります。単純に「相手のことが好きだからずっと一緒にいたい」という意見もあれば、「自分が成長していくのに欠かせない人だと思ったから」というような意見もあるでしょう。「専業主婦や主夫になりたいから」「子どもが欲しいから」という意見の人も当然いるはずです。どの意見がよい、悪いということではありません。人の数だけ結婚の意味も異なります。あなたの意見を笑う人や非難する人がいても、それは放っておけばよいだけの話です。あなたが「どのような理由であれ結婚したい!」と思って結婚するのであれば、自信を持って結婚に踏み切ればよいのです。

もちろん、結婚したからといって絶対に幸せになれるわけではありません。「結婚に興味がない」「1人で生きていきたい」という考え方も、当然尊重されるべき意見です。無理に結婚したところで、その先には破綻が待っているかもしれません。結婚をしないという選択肢も残されていることを忘れないのも大切です。個人の自由が尊重される結婚ができる時代だかからこそ、選択肢が増え、余計に悩んでしまうという人もいるかもしれませんね。

しかし、自分にとって何がベストかというのは他人には分かりません。好きな人と一緒になることや子どもを得ることが1番だと考える人がいても、それがあなたに当てはまるかどうかは誰にも分からないことです。悩むのすら面倒くさくなってしまうこともあるでしょう。一度きりの人生ですので、自分の思うままに行動してみてはいかがでしょうか。婚活から結婚にいたるまでの道のりには、手間がかかることもあります。しかし、それを乗り越えた先には、自分にしか見出せない価値が見つかるかもしれません。現時点で結婚への意味が見出せないからといって婚活をやめてしまうというのももったいない話です。まずは、行動してみるというのも、選択肢の1つに入れて新たな道が開いていくことも良いでしょう。

真剣な相手を探したい!ペアーズに登録してみよう

結婚する意味について悩みいろいろ考えた結果、やっぱり結婚したいと思ったなら、ぜひ行動に移してみましょう。出会いは待っていれば訪れるものでもありません。特に、早く結婚したいと考えている人は、自分から行動を起こすということも大切です。また、行動を起こすことで、より結婚について前向きに考えるきっかけになるかもしれませんよ。本気で結婚相手としてふさわしい人を探しているなら、ペアーズに登録してみるのも良いでしょう。

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー