22,588 view カップル

彼女が喜ぶ魔法の言葉・4つ

  • Pairsをフォロー

彼女が喜ぶ魔法の言葉
男性のみなさんはこんな経験はありませんか?

「普通に話をしていたら急に彼女の機嫌が良くなった」「普通に話をしていたら急に彼女の機嫌が悪くなった」

きっと多くの彼氏、男性がこのような経験をしているのではないでしょうか。

今回は、彼女が喜ぶ言葉の選び方を考えていきましょう。

彼女が喜ぶ言葉① 「も」を有効に使う

基本的には彼女を褒めることが前提ですが、その時に「も」を有効に使うと良いでしょう。

「料理うまいんだね」ではなく「料理もうまいんだね」とするわけです。「今日は何だか優しいね」ではなく「今日も何だか優しいね」とするわけです。

今だけではなく、いつも感謝している気持ちを表現できます。

ただ、気をつけておかなければならないのは「も」を使うと同様のことが他にもあることを意味するので、彼女につっこまれた時に答えられないと「いい加減」だと思われてしまいます。

彼女が喜ぶ言葉② 感謝の言葉は具体的に

感謝の言葉を伝えると彼女は喜んでくれますが、その言葉は具体的でなければなりません。

「ありがとう」一言とっても、何に対する「ありがとう」なのかを具体的に付け加えると良いでしょう。

「毎日帰りを待っててくれてありがとう」「今日はデートの時間を作ってくれてありがとう」

こんな感じですね。

彼女が喜ぶ言葉③ 具体的な変化を褒めよう

女性は男性が気付かないくらい細かな部分に力を入れていることがあります。

大きくヘアースタイルが変化していれば彼氏も気付くでしょうが、前髪を少し切ったくらいでは厳しいですね。

でも彼女にとって前髪はかなり重要なパーツです。小さな変化であればあるほど、彼女の喜びは大きくなります。

彼女が喜ぶ言葉④ 「前から思ってたんだけど」

彼女を褒める時に「前から思ってたんだけど・・・」を付けると彼女の喜びは倍増します。

「料理うまいね」ではなく「前から思ってたんだけど、料理うまいよね」「字がきれいだね」ではなく「前から思ってたんだけど、字がきれいだね」

とするわけです。

その彼女の魅力に前々から気付いていたこともアピールでき、彼女も喜んでくれます。

ほんの一言を変えるだけ

「女心と秋の空」という言葉の通り、男性にとって女性の気持ちが理解しにくいものなので、こんな言葉が残るんですね。

しかし、ほんの一言変えるだけで、結果を劇的に変化させることだってできるんです。

そのためには、彼女を褒めることが重要なので、日頃からしっかりと彼女を見ておかなければなりません。

 

画像出典:http://free-photos.gatag.net/2014/07/31/090000.html

今一番読まれている記事

2年間フリーだった友達に彼氏ができた!
その理由がスゴイと話題に

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー