2,635 view 婚活
婚活 勘違い

婚活がうまくいかない原因は勘違い?結婚を近づけるための心がけって?

  • Pairsをフォロー

婚活がうまくいかない原因の1つに「勘違い」があります。婚活に関するちょっとした勘違い、考え方が結婚への道を遠ざけているかもしれません。男女別にその勘違いの具体例、そしてどうすれば婚活がスムーズに進むのかを紹介していきます。ほんの少し考え方を変えるだけであなたの婚活事情、今後の人生が良い方向に向かう可能性があるのです。

婚活がうまくいかない人は「勘違い」している?

婚活 勘違い

現在、結婚を目指して婚活を行っている人は多いのではないでしょうか。婚活の形はどんどん進化しており、自分にあった婚活を選択できるようになってきました。昔は「婚活=お見合い」というイメージが強かったですが、現在ではお見合いパーティーやバスツアー、婚活サイトなど婚活の種類はさまざまです。そんな時代背景の中、婚活に奮闘しているものの、なかなか結婚に至らずに悩んでいる人もいるでしょう。婚活がうまくいかない理由は何だと思いますか?もちろん理由はさまざまですが、理由の1つにあなたの「勘違い」があるかもしれません。この勘違いに気づくことができれば、一気に結婚への道が開ける可能性があります。

婚活で勘違いをしている女性の特徴

婚活 勘違い

まずは女性側に焦点を当てていきます。婚活において勘違いをしている女性にはどのような特徴があるのでしょうか?婚活がうまくいかない理由の1つに婚活女性高望みという傾向があります。ところが実際、婚活中の女性に話を聞くと「自分は高望みしていないのに」という人がほとんどです。果たしてこれは本当なのでしょうか。そこで、いくつか特徴を挙げていくので、自分に当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

同世代の中では自分は綺麗な方だと思っている

あなたは自分の外見に自信がありますか?よく周囲の人に「若いね」や「綺麗ですね」と言われていませんか。同世代の女性に比べて自分は若い、綺麗と思っている女性は婚活がうまくいかないかもしれません。婚活においてライバルとなるのは同世代の女性だけではないからです。婚活イベントなどではどうしても20代の女性に人気が集まります。よって婚活の実質的なライバルは、自分より年下の女性になることが多いのです。いくら同世代の中で綺麗という自信があっても、年下の女性と比べられれば敵わない部分が出てきて当然です。外見に関する自信が裏目に出ることも多いので、自分の年齢をしっかりと理解し、謙虚な態度を取ったほうが好感を持たれやすいです。

婚活すれば結婚できると思っている

婚活すれば必ず結婚できると勘違いしていませんか?婚活をしてもなかなか良い出会いに恵まれないことが多く、何度もお見合いを繰り返している人も少なくありません。婚活はそれほど簡単なものではないという意識が大切です。この意識が薄いと、婚活中に壁に突き当たった時につまずく可能性があります。なかなか良い相手が見つからず1人で焦ってしまう、途中で婚活を投げ出してしまうというような自体になりかねません。長い時間をかけてじっくりと婚活していく覚悟が必要です。

昔モテていたから問題ないと思っている

過去に男性からモテてた女性も要注意です。昔モテていたから婚活もうまくいくだろう、すぐに良い相手が見つかるだろうと軽く考えてしまいがちだからです。いくら昔モテていてもそれから時間が経過していますし、「モテる」ことと婚活では全く要素が異なります。モテていたという自信から、相手のほうからアポローチしてくれるだろうと考えていると危険です。婚活イベントなどでも自ら積極的に動かない、少しでも傲慢な態度が見えたら婚活がうまくいくはずありませんよね。

自分が求めるお相手の条件は妥当だと思っている

あなたは結婚相手にどのような条件を求めますか?「誰でも良いのでとにかく結婚したい」という人は少なく、何かしらの条件を持ちながら婚活をしている人がほとんどなのではないでしょうか。その条件が妥当なものと思い込んでいる女性は危険です。なぜなら、あなたが結婚相手に求めている条件は非現実的である可能性があるからです。例えば「年収600万以上」という条件を提示したとしても、30代前半の平均年収は450万円ほどなのであまり現実的とは言えません。女性自身に自覚がなくても、知らず知らずのうちに高望みをしていることが多いのです。自分が相手に求める条件が妥当なものなのか、自分自身のことや世間の平均値を考えながら見直していく必要があります。

自分は一生結婚できないと思っている

今までは自分を過大評価している女性の「勘違い」を紹介してきましたが、今度は自分を過小評価しすぎているケースです。自分には結婚は難しいかもしれない、どうせ一生結婚できない、というようなネガティブな気持ちを持っていませんか?そのような考えは表情や行動にも表れてしまいます。自信のなさからしっかりと相手の目を見て話せない、発言がいちいち後ろ向きになってしまうなど相手にも良い印象を持たれません。謙虚さは大切ですが、自分を過小評価しすぎる必要はありません。自信を持っていつも笑顔を心がけることが大切です。明るく前向きな女性のほうが、男性側も話しやすく「もっとこの人のことを知りたい」と思ってくれるでしょう。

婚活で勘違いをしている男性の特徴

婚活 勘違い

次は男性側に焦点を当てていきます。婚活において勘違いをしている男性にはどのような特徴があるのでしょうか。いくつか挙げていくので自分に当てはまるものがないかチェックしてみましょう。心当たりがあってドキッとするかもしれません。

同世代の中では経済力があるからと安心している

同世代の中では経済力があると安心しきっていませんか?確かに婚活において経済力は重要な要素です。婚活をしている女性は年収を重視する場合が多いので、年収が多ければ多いほど結婚のチャンスが多いといっても過言ではありません。ただし1つ注意してほしいのが、婚活をしているのは自分と同じ世代の男性だけではないということです。いくら同世代の中で年収が高くても、年上の男性と比べれば同じくらい、もしくは低めというパターンが多いからです。要するに、自分が考えているほど経済力が武器にならない可能性があるということです。仮に全世代通して高収入であったとしても、それをアピールしすぎる男性はあまり良く思われません。収入が高いからといって安心、傲慢な態度を取らないように注意しましょう。

婚活すれば年下女性と簡単に結婚できると思っている

年下の女性と結婚したいと思っている男性も多いのではないでしょうか。もちろん婚活パーティーや結婚相談所で、年下の女性と出会うチャンスはたくさんあります。実際に結婚に至るケースも多いです。ですが婚活をすれば必ず年下女性と結婚できるという考えは危険です。例えば40代の男性が、20代前半の女性と結婚したいと思ってもなかなかうまくはいかないでしょう。お相手が求める条件などもあるので、簡単に年下女性と結婚できると考えないほうが良いでしょう。

女性に優しくすれば好印象を与えられると思っている

お見合いや婚活パーティーで女性と話すとき、とにかく優しくしていれば好印象を持たれると勘違いしていませんか?もちろん優しい表情や口調を心掛ける、ふとした瞬間に女性を気遣うことは大切です。しかし相手は男性側に「優しさ」以外のものを求めているケースも多いことを忘れてはいけません。言うところはきっちり言う、男らしい一面を見せることも重要です。優しさばかりを意識していると気弱であったり、優柔不断な印象を持たれていたりする可能性もあります。無理はせず、まずは自分らしさを出していけるよう心がけましょう。

女性は顔と職業しか見ていないと思っている

あなたは自分の顔や年収に自信がありますか?胸を張って「自分は外見がいい」と言える人は少ないでしょう。ですが、女性は外見と職業(年収)しか見ていないと卑屈になりすぎていませんか?婚活において外見や年収の良さは有利になる条件ですが、もちろんそれが全てではありません。性格や価値観、趣味の一致などを重視する女性も多いので、外見や年収に自信がなくても卑屈になり理由は全くありません。前向きな態度や笑顔で婚活に望みましょう!

彼女が途切れたことがないから安心しきっている

今まで彼女が途切れたことがないので、婚活もうまくいくと安心しきっている男性は危険です。今まで女性にモテてきた余裕から、恋愛対象と結婚相手は別と考えているケースが多いからです。そのような気持ちのまま婚活に望んでも、女性の心に響きませんし本気さも伝わりません。またモテていた自信から、少しでも婚活がうまくいかないとすぐに挫折してしまう人もいます。婚活は今までの恋愛と違う、そんなにうまくいくものではないという意識が大切です。

婚活を成功させるために心がけるべきこととは?

婚活において勘違いしている男女の特徴を紹介してきました。自分に当てはまるものがありましたか?もしあった場合はその勘違いを正すことから始めていきましょう。では最後に、婚活を成功させるために具体的に心がけるべきことを紹介していきます。幸せな結婚を目指して実践していきましょう。

条件で相手を見ない

アラサー婚活

婚活において、相手に求める条件は重要ですが、そればかりにとらわれるのは少々危険ですね。実際にお相手を目の前にしたら、条件にどれくらい一致するかを検証するのではなく、その人自身をしっかりと見るようにします。相手はロボットではなく人間です。条件に合うかどうかを機械的に見るだけでは良い相手とは結ばれません。必ず相手の人間性、態度、話し方などをしっかりと見ましょう。少しくらい条件に合わなくても、別の部分に強く惹かれることも少なくありませんよ。

世間体や見栄にとらわれない

婚活 勘違い

世間体や見栄にとらわれすぎていませんか?お相手の年収や職業、外見などの条件は本当に自分が望むものでしょうか。親や親戚、友人への見栄のために高い条件を提示して相手を探している場合は少し考え直しましょう。実際に結婚するのは自分自身です。もし世間体や見栄を重視した相手と結婚しても上手くいかないことのほうが多いでしょう。幸せな結婚をするためには、まず自分が理想とするお相手、条件を最優先しながら婚活を進めていくことが重要です。本当に自分と合う、無理のなく付き合っていけるお相手が見つかりやすくなります。

質の高い出会いを大切にする

婚活 勘違い

婚活がうまくいかないと徐々に焦りが生まれてくるかもしれません。早く結婚したいとお見合いや婚活パーティーへの参加を繰り返す人も多いと思いますが、数よりも質を重視して婚活することも大切です。いくら回数を増やしても、その内容が乏しかったらあまり意味がありません。まずは慎重にお見合い相手や参加するパーティーを選び、しっかりと準備してから当日を迎えましょう。そしていつも「これが最後!」という気持ちで相手と向き合うことが大切です。婚活の質を重視することで、結婚への道が近づいてくることが多いです。とにかく1つ1つのチャンスを大切に、質の良いものにしていきましょう。

ネガティブに考えすぎない

婚活 勘違い

婚活はうまくいかなくて当たり前です。もし婚活がスムーズに進まなかったとしても、ネガティブに考えすぎないようにしましょう。ネガティブな表情、態度はさらに良い出会いを遠ざけてしまうからです。一般的に暗い印象の人より、明るくて話しやすい雰囲気の人のほうが好感を持たれやすいです。もし気になった相手に断られてしまっても、「ご縁がなかった」と気持ちを切り替えることが重要になります。前向きな気持ちを忘れずに婚活に取り組んでいきましょう。

勘違いを知ることが結婚への道を近づける

婚活 勘違い

婚活がうまくいかない1つの理由に「勘違い」があることを紹介してきました。男女別に具体的な勘違いを紹介してきましたが、自分に当てはまるものはありましたか?婚活高望み勘違い、これらのワードは婚活中の人には少し耳が痛いかもしれませんね。しかし、ちょっとした勘違いを自覚し、考え方を少し変えるだけでも婚活がスムーズに進むようになると考えられます。幸せな結婚を目指して婚活に取り組みましょう。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー
  • HOME
  • Pairsコラム
  • 婚活
  • 婚活がうまくいかない原因は勘違い?結婚を近づけるための心がけって?