26,029 view 片思い

「好き」を伝えたいときに効果的な方法・3つ

  • Pairsをフォロー

ac72eb1ebcdcf98567d095b6791c349b_s
好きな男性がいるとき、どうしても その気持ちを相手に伝えたいですよね。

付き合えるかどうかは分からないけれど、相手にこの気持ちを伝えたい、知ってほしい、分かってほしいという気持ちの高まりは、恋愛の醍醐味の1つと言っても過言ではありません。

今回は、脈あり・脈なしに関わらず、「好き」を伝えたいときに実際に行うと予想以上に効果的な方法をご紹介します。

「好き」を伝える効果的な方法① 視線でコントロール

好きな人は、無意識のうちに目で追ってしまいますね。相手の感情を動かすには、目線というのはけっこう重要なんです。

意識的に好きな人を見て、彼と目があったらさっと避けるを繰り返すことで、好きという気持ちは自然と伝わっていくものです。

このときに、あまりにガン見したり、目があった後も見つめ続けるのは避けた方が良いですね。目線で好きな気持ちをさりげなさや恥じらいとともに伝えることが、男性の気持ちをがっしりとつかむコツです。

「好き」を伝える効果的な方法② 緊張した姿を見せる

想っている相手の前で、他の人と同じように振る舞うと、彼から「ほかの人と同じように思われている」としか感じてもらえません。

ですが、他の人の前では普通なのに、彼の前でだけいつもと変わった緊張した姿を見せると「意識されている」と彼は感じます。

とにかく「彼の前に出るといつもの自分でいられない」というのが雰囲気が伝われば十分。彼に好意が伝わっておけば、いざ告白となったときにも、彼にも心の準備がすでにできているので成功する確率も高くなります。

「好き」を伝える効果的な方法③ 「~だけれど、好き」

告白する時、どんな言葉で伝えるかも大事ですね。

ただ「好き!」とストレートに言うのもパンチがあって良いのですが、より相手にインパクトを与えて気持ちを伝えるには、ちょっとした工夫があるとさらに良くなります。

例えば

「諦めようと思ったけれど、やっぱりどうしても好き」
「わたしが好みのタイプじゃないとわかってるけれど、好きな気持ちが止められない」
「無理ってわかってるけど、好きなことだけわかってほしい」

など「~だけれど、好き」と伝えることで、相手は胸キュンとして、告白をさらに好印象にすることができます。

「好き」と知ると意識する

いかがでしたか?

今まで意識してなかった人が自分のことを好きと知って、そこから意識を始めたことはないですか?

誰もが好意を持たれると気になってしますもの。好きな彼から意識されるように、あなたの「好き」を伝えておきましょう。

今一番読まれている記事

3年間フリーだった親友に彼氏が... 理由を聞いてびっくり!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー