50,742 view 失恋

元恋人のSNSをついチェックしてしまう、意外な理由5つ

  • Pairsをフォロー

dl6jeyfihlk-alejandro-escamilla

SNS文化が浸透し、さまざまな人とネット上で交流できる時代になりました。

多くの人が利用しているだけに、うっかり元恋人のSNSのアカウントを発見!なんてことだって、ありますよね。

そんな時、あなたなら元恋人のSNSのアカウントをチェックしますか? 今どき男女の意外な理由をご紹介します。

元恋人のSNSをチェックする女性多数!

v4cu3obsrek-matthew-kane

今回のリサーチでは「元恋人のSNSをチェックしたことがある」と答えた男性は約40%。一方で女性は約60%と、女性のほうがチェック経験者が多いことが明らかに!

その理由とは?Pairs会員様の男女それぞれの声をご紹介します!

元恋人のSNSをチェックした理由① 別れた後の恋人の動向が気になる

「元カノとはいえ、一度は愛し合った仲。今どんな男性と付き合っているのかとか、気になるから」(28歳/男性)

「もしや自分の悪口を書かれているんじゃないか、とか、彼女は引きずっているんじゃないかと思いチェックしたら、すでに新しい彼氏ができていた」(32歳/男性)

「新しい彼女ができたかどうかは気になっちゃう。特に、自分がフリーで寂しい時(笑)」(24歳/女性)

「共通の知人から元カレが結婚したと聞いて。あんな男を選ぶなんて、結婚相手はどんだけ物好きなんだろう!と興味がわいてついチェックしちゃいました(笑)」(33歳/女性)

元恋人のSNSをチェックした理由② 興味本位でのぞいて後悔…

「何となく気になってのぞいてみたら、別れてまだ半年なのに元カノは結婚して苗字が変わっていた。さすがにショックを受けた」(33歳/男性)

「新しい彼氏と楽しそうに遊んでいる写真を見て、後悔した…」(19歳/男性)

「別れる原因になった女性とSNS上で楽しそうにやりとりしていて、ショック!やっぱり別れた相手のアカウントなんて見るもんじゃない」(23歳/女性)

「懐かしくなって元カレのページを開いたら、結婚して子どもと一緒の写真がアップされていてヘコんだ。別れなければ、私と結婚してたかも、と思ったりして…」(32歳/女性)

元恋人のSNSをチェックした理由③ 幸せになっていることを確認したい

「一度は付き合った人だから、楽しく幸せに過ごしていることを知りたくて」(30歳/男性)

「別れてからも、明るくアクティブに過ごしていることがわかって、安心した」(41歳/男性)

「元カレが今幸せならいいな~と思っていたはずなのに、SNS上で幸せ報告をアップしているのを見たら若干ムカついた(笑)」(29歳/女性)

「今楽しく過ごしているかな?と気になって見てみたら、私への未練が書かれていてちょっとにやけてしまった(笑)」(23歳/女性)

元恋人のSNSをチェックした理由④ あわよくば、もう一度…!

「実は未練たらたらで、SNSでの連絡をきっかけに、ヨリを戻せたらいいなーと淡い期待を抱いて(笑)」(32歳/男性)

「20代前半で付き合った彼女に、メッセージを送って12年ぶりに再会。いったんはヨリを戻して結婚まで考えたけど、結局上手くいかずまた別れてしまった」(37歳/男性)

「できればまた連絡をとりたくてSNSで検索。彼を見つけて嬉しさのあまりメッセージを送っちゃいました」(27歳/女性)

「忘れられない元カレを検索。すると彼女がいたので、別れたら連絡を取ろうとしばらく観察していたら、結局結婚してしまった…」(34歳/女性)

元恋人のSNSをチェックした理由⑤ 単純に気になっただけ

「連絡がとりたいわけでも復縁したいわけでもなく、ただその後が気になっただけ。元カノは結婚していたけど『よかったねー』と思った程度かな」(34歳/男性)

「『友達かも?』によく出てくるからつい彼女のページを開いた。軽い気持ちです」(31歳/男性)

「特に意味はなし。生存確認をしたかっただけ」(25歳/女性)

「相手から友達申請がきたから。タイムラインに投稿があると、なんとなく見るかなって程度。まあ暇つぶしです」(28歳/女性)

元恋人の幸せそうな姿、素直に喜べる?それとも…

yjg3c6xhmjg-averie-woodard

元恋人のSNSをチェックしてしまった理由はさまざまでしたが、とりわけ男女で明確に違いが表れたのが「元恋人の幸せ」に対する考え方。

男性は、純粋に「元カノが幸せだったらいいな」と思っている人がほとんどでしたが、女性の場合、元カレの幸せを願っていつつも、どこかで「私以上に幸せになっていると若干モヤっとする」との回答がかなり目立ちました。

マウンティング的な発想か、別れてもなお自分のほうが優位に立っていたいという傾向が、少なからずあるのかもしれません!

この記事をシェアする

  • Pairsをフォロー